本田真凜、日本勢7人目V 世界ジュニア

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権最終日は19日、ハンガリーのデブレツェンで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の本田真凜(まりん)=大阪・関大中=がフリー1位で、SPに続いて自己ベストを更新する126.87点をマークし、合計192.98点で初優勝した。日本勢では2010年の村上佳菜子(中京大)以来7人目の快挙となった。

 SP5位の樋口新葉(わかば)=東京・開智日本橋学園中=はフリー2位の合計183.73点で、昨年に続いて3位に入った。SP8位の白岩優奈(京都醍醐ク)もフリー5位の合計171.59点で、4位となった。(共同)

Related Articles : http://mainichi.jp/articles/20160320/k00/00m/050/118000c

0 Comments

Leave a reply

©2018 Sportisco All Rights Reserved

Log in with your credentials

Forgot your details?