Honda 2nd, Sakamoto 3rd and Yuna Shirahawa 5th

The final day of the figure skating world junior championship held in Taipei on the 18th, 15 years old, Marin Honda got personal best( FS 133.26 pts) 201 · 61, but the first consecutive champions were not taken.

Source: Sankei Shimbun

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権最終日は18日、台北で行われ、女子でショートプログラム(SP)2位の15歳、本田真凛(大阪・関大中)はフリー2位の133・26点を出し、合計201・61点で2位だった。フリー、合計ともに自己ベストを記録したが、日本勢初の2連覇はならなかった。

坂本花織(神戸FSC)がSP、フリーともに3位の合計195・54点で3位に入り、白岩優奈(関大KFSC)が合計174・38点で5位。日本は上位2人の順位合計が条件の「13」以内となり、来季の出場枠も最大「3」となった。

ジュニアグランプリ・ファイナル女王の14歳、アリーナ・ザギトワ(ロシア)がSP、フリーともに1位でジュニア世界歴代最高の合計208・60点で初優勝した。

アイスダンスは深瀬理香子(大東大)立野在(法大)組が自己ベストの合計124・03点で13位となった。(共同)

©2017 Sportisco All Rights Reserved

Log in with your credentials

Forgot your details?