Asada Mao retirement, “My own energy has gone away”

Full blog of Mao Asada

Suddenly, I, Asada Mao, decided to finish as a figure skater.

Until now, I think that I was able to skate for a long time because I had overcome many things from support and support of many people.

The Sochi Olympic season ‘s world championship was finished with the best performances and results. If I had finished athlete at that time, I may have wanted to return as a player. There were lots of things I do not know unless I actually do as a player.

After returning, I could not put out the performance and results I wanted, and I got more trouble.

And after finishing the last Japan ‘s All – Japan Championships, my goals that have supported me disappeared and my own energy to continue has also disappeared. That made me such a decision, there are no regrets my figure skating life

This was a big decision for me, but I think that it is one passing point in my life. I want to find new dreams and targets in the future and keep moving forward without forgetting a smile.

Everyone, thank you so much for all your support, so far.

Mao Asada

Source: Sankei Shimbun

ご報告致します

突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。

今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います。

ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。実際に選手としてやってみなければ分からない事もたくさんありました。

復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。

そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました。このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。

これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。

皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました。

浅田真央

©2017 Sportisco All Rights Reserved

Log in with your credentials

Forgot your details?